こんにちは、くまかけです。

以前から、スッキリとさせたいと考えてた、このサイト。

テーマをどうしようかと考えてたんですが、このところ使う様になったBizVectorを使って替えちゃいました。

a0001_014960

 

BizVectorサイトはこちら。。

 

このBizVector。SEOやSNS連携等、基本的な機能は備えている為に、定番の「All in One SEO Packeage」やソーシャル系のプラグインが軒並み不要になってくれました。

プラグインの更新等の手間が楽になってくれました(^^)

元々使っていたのか?

このサイトがワードプレスで作成した、実質最初のサイトなんですね。

テーマとしてもどれを使っていいのか分からず、「TwentyEleven」を利用していました。

プラグインを試して、子テーマを作成してカスタマイズを試して・・・とよくあるパターンをたどっていました。

そのおかげで、結構ごちゃごちゃしてしまって、いつか整理しようと決心して、結構な時間が経ってしまったって感じです。

BizVectorを選んだ理由は?

ワードプレスを使って、サイトの構築を経験していく中で、有料、無料に関わらず多くのテーマと触れる機会がありました。

多くのテーマは、ブログとしての情報発信を行うという、本来の目的では有用なのですが、いわゆる企業のWebサイトを構築する目的からはもう一つフィットするテーマと出会えませんでした。

その中で、BizVectorと出会い、企業のWebサイトらしいレイアウトを含めた便利さに、いくつかのサイトで利用するようになりました。

テーマの変更で苦労したポイントは?

テーマの切替え自体は簡単でした。

インストールして、切り替えるだけ(^^)

一番苦労したのは、レイアウトが崩れるってことです。

今回遭遇したのは、Kloutスコアの表示プラグインと、AdSense表示プラグインでした。

これらのプラグインをサイドバーに入れると、レイアウトが崩れてしまったり、PCでは大丈夫なんですが、スマホサイズにするとフッターが真ん中あたりで表示されたりと、どうしようもない状態になってしまいました。

あれこれ試したのですが、どうやら、プラグインをそのまま貼付けるとレイアウトが崩れるようなのです。

対策として、テキストウィジェットを貼付けて、そのなかにコードを貼付けるとAdSenceは正常に表示してくれています。

Kloutはその対策が判明せずで、今は使用していません。

ただ、Klout表示って凄く時間がかかっていたようで、はずしたら表示が軽快になりました(^^;

もう一つは、「All in One SEO Package」が相性が悪いとの事で、各ページのDescriptionをどうするかってのが有りました。

幸い、ここは手を抜いていて、きっちり書いていなかったのが不幸中の幸い。

「抜枠」を表示オプションでチェックする事で、各ページ単位のDescriptionを設定できる様になります。

SEO Packageで、ここをがっちりと書いている場合は、もしかしたらBizVectorは選択外になるかもしれません。

結論

使い慣れたテーマであった事も有り、移行自体はスムーズに行きました。

全ページを見れたわけではないんですが、今の所データ越智は発生していません。

それと、現在表示関連で動かしているプラグインは「WordPress Popular Posts」「Simple Map」「DirtySuds-Embed PDF」位の物になっています。

今回、Google+へのコメントのプラグインの整備がまだなんで、とりあえずはそれをやってみようかと思っています。