[WordPress]メールが届きやすいマルチドメイン始めます

くまプレスで「マルチドメイン」サービス開始します! a0001_014945

以前から、開始したいとは考えてたんですが、事務処理やなんやで踏み切れなかった「マルチドメイン」 なれてきたこともあり、4/1からスタートさせます!!

■マルチドメインとIPアドレス

ところで、「メールが届きやすいマルチドメイン」って、なんでしょう?? 他でも「マルチドメイン」サービスは提供されているのですが、その中にはドメインは異なってもIPアドレスは同じものが提供されている場合があります。

IPアドレスご存知ですか? WiFiルーターなんかをセットアップする時に、192.168.0.1なんてのを見かけた事ありませんか? 4つの数字で表された、パソコンの住所です。

コンピュータ通しは、ドメインではなく、このIPアドレスで通信をしています。 そして、公式には、IPアドレスにヒモづけられたドメインは1つで、それ以外のドメインは見えない状態になっています。

例) アパートで、郵便物は住所+名前なら届きますけど、住所だけならアパートの持ち物である、大家さんに行っちゃいますよね?

さて、異なるドメインで、IPアドレスが一緒ってのは、どのような弊害があるのでしょうか?

■IPアドレスが同じ時の弊害

Webで使用する範囲では、それほど弊害はありません。 ただ、SSLを使う場合は、IPアドレスとドメインをセットで使用しますから、申請できないケースもあります。

問題になるのはメールです。

SPAM防止の目的で、メールに記載されている送り元のメールサーバーのIPアドレスと、IPアドレスにヒモづけられたドメインが異なる場合、SPAMメールであると判断される場合があります。

例)
IPアドレス:201.50.yyy.xxx
正式なドメイン:hogehoge.jp
マルチドメイン:hogedasu.jp

この場合で、info@hogedasu.jpのメールを受信した場合、受信したメールサーバは201.50.yyy.xxでドメインを問い合わせます。 返答は、正式なメインであるhogehoge.jpが返ってくるためinfo@hogedasu.jpは正式なメールサーバーから送信されたメールではないと判断され、アヤシいなぁって廃棄されます。

※それを回避するような設定も出てきています。 メルマガサービスでは、メール到達率を高める一つの方法として、専用のIPアドレスの取得を勧めているところなんかもあります。

■くまプレスのマルチドメインサービスでは?

さて、ここまでで、マルチドメインといっても、IPアドレスが同じサービスの場合、注意が必要である事を理解いただけたかと思います。

くまプレスでは、全て異なるIPアドレスで提供します。

今回提供させていただくドメイン数は3つです。 2つでは心もとない。4つでは、ちょっと数字が(^^; っで、1つの契約で3つまでドメインが利用いただけます。

※くまプレスの場合、1つのログインアカウントで3つまで管理する・・・なんてかっこいいものでなく、3つのログインアカウントを発行します。 早い話し、3つの契約を1つの契約の費用で提供する事になります(^^;

ご提供開始は、4/1から。 よろしくお願いします(^^)v

くまプレスのお申し込みはこちらから。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です