[WordPress]バックアップしてますか?

こんにちは!仕事納めってなぁに?なんて言いながらドタバタやってるくまかけです。

さてさて、年末になって来て、連休に入られたところや、業務の見直しなんかをされている方も多いかと思います。

ソコに一つ付け加えていただきたいのが、ブログのバックアップ!

a0001_014960

「レンタルサーバーやから壊れるわけない!」って声も聞くんですが、データが壊れるのはなにも、サーバーが壊れるだけじゃないですよ。

たとえば、
・WordPressのバージョンアップに失敗した
・なんか、このプラグイン入れたらおかしくなった
・操作ミスって消しちゃった!!

ほかのブログサービスでありましたけど、
・規約変わって、アカウント消された!!!

などなど、そのケースあげれば、以外とキリがありません。

そんなときに「取っといてよかった!」ってなるのがバックアップデータです。

レンタルサーバーをお使いのところは、データだけバックアップ取ればいいかもしれないですが、ご自分でサーバーを運用されているところは、サーバー復旧用のバックアップも必要です。

参考:[つぶやき]バックアップについて

■バックアップを何回分残すのか?

「バックアップは毎日取ってるから安心」確かにそうですが、トラブルが発生しても毎日バックアップが動いていたとしたら、壊れたデータがバックアップされていく事になります。

この時に考慮するのが、バックアップを何回分残すのか?

これを「世代管理」といいます。

言い方を変えると「バックアップを何世代残すのか?」を考慮する必要が出てきます。

「ずっと残せばエエやん!」まぁ、それも一つの考え方ですが、残す為のハードディスクなり、USBメモリなりも限界があります。気がついたらバックアップデータで容量オーバーになってたなんて事にもなりかねません(^^;

よくあるパターンとしては、月曜〜日曜までと考えての7世代。これだと、必要になった週の始めまでは戻す事が出来ます。

くまプレスの「運用支援サービス」では14世代残すようにしています。
だいたい、半月前まで戻せますね(^^)

利用できるバックアップの領域と運用の状況をバランスさせて考えながら、何世代残せばトラブルをかなりの確立で防ぐ事が出来るのかを考えてみましょう。

■バックアップしたデータは何処に格納するの?

同じサーバーやPCにバックアップデータを残した場合、そのサーバーなりPCなりが使えなくなったら、せっかくしたバックアップデータも無駄になってしまいますね?

ですのでバックアップデータは必ず、外付けのハードディスクなりUSBメモリなり、DVD-Rなりに残すようにしてください。

昔はテープドライブなんてありましたけど、今ならハードディスクでしょうね。。(^^;

くまプレスの「運用支援サービス」では、別のサーバーに残すようにしています。

個人では、外付けのハードディスクとなると敷居が高くなってしまいます。その一つの解決策なんですが、この「くまかけ開発ブログ」はDropBoxにバックアップデータを残しています。

[WordPress]大切なブログを自動で定期的にバックアップするBackWPupプラグインの設定

これなら、無料でバックアップが出来るので、お手軽です。ただし、DropBoxの使える容量に限りがありますから、世代管理をしっかりと考えてみてくださいね。

ブログは、とても大切な個人資産だと思います。

ナニかあってもバックアップから戻せるってのは、非常な安心感があります。

a0001_014945

ぜひ、この機会にもういちどバックアップ環境をチェックされてはいかがでしょうか(^^)v

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です