[OSX]AppleがiOS端末管理ツール「Configurator」を無償提供

iPadやiPhoneを業務に導入した場合、一番厄介なのが、最初のインストールに始まる、その管理。。
インストールしちゃダメなのをインストールしちゃうとか、カメラは無効にしたいとかの設定も大変。。
モバイル端末管理(Mobile Device Management)というジャンルの製品がその管理を提供している。

今回Appleから本格的なMDMではないけど、充分使えるツールとして「Configurator」をリリースした。

・設定プロファイルを直接作成する、あるいは以前に作成したプロファイルをiCUから取り込む
・パスコード、Wi-Fi、VPN、プリインストールアプリ、その他の機能に関するポリシーを設定する
・端末ハードウェアの機能を制限する(カメラや位置情報設定を無効にする、Siri用に低俗語フィルターを設定するなど)
・端末をワイプ&リストアする
・特定のiOSバージョンを複数端末に一斉にインストールする
・端末のデータ、プロファイル、設定のバックアップを作成し、これらのデータを端末に再インストールする
・インストールするアプリの購入に使用するApple IDをプリセットする
・AppleのVolume Purchase Programを使って有料アプリのライセンスを取得する
・端末チェックイン/チェックアウト設定(Windowsの移動プロファイルに近い)を作成する
・端末をグループ化して管理を簡素化する

どちらかというと、会社支給の端末を管理するためのツールなので、最近流行のBYOD(個人所有端末の業務利用)にはちと使いにくい。

記事にも書かれているが、Appleがようやく業務へも目が向いて来てくれたのは、業務に提案しているベンダーとしてはうれしい事だと思う。。
※Xserverの件が有るから、油断は出来ないけどwww

AppleがiOS端末管理ツール「Configurator」を無償提供

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です