[iOS]iPhoneアプリ紹介:Loooks(デジカメ写真の EXIF ビューワー&削除ツール)

iPhoneで写真を撮られる事が多いと思いますが、その写真データにGPSの位置情報が含まれているのはご存知でしょうか?
※この情報は「Exif情報」と呼ばれています。
お手持ちのiPhoneで、設定⇒プライバシー⇒位置情報サービスを確認してみてください。
カメラとかFacebookカメラなどの写真を撮るアプリの位置情報サービスがONになっていませんか?

このまま写真をfacebookにアップロードすると、位置情報も一緒にアップロードされてしまいます。
つまり写真が何処で撮影されたかの情報が丸見えになってしまい、自宅等公開したくない所で撮影された場合、位置が特定されてしまう事になります。

今回ご紹介する「Loooks」は、このExif情報を消去してくれます。
Loooks
※「o」が3つあるのは間違いではありません。

Loooksのダウンロードはこちらから

こんな感じに見えます。
サンプルの写真・・・
Loooks
この写真の情報・・・
Loooks

私のiPhoneではカメラの位置情報サービスをOFFにしていますが、ONになっていると緯度、経度、標高などN/Aとなっている情報が表示されています。
でもって、いまは情報が無いためグレーアウトされている「地図を表示」ボタンを押すと、モノの見事に地図上にポイントされてしまいます!!
そこで、もう一つのボタン「EXIFを削除して保存」を押すと、解像度、フォーマット、ファイルサイズを除いた情報をクリアしてくれます。

個人の位置情報が、レベルの高い情報として扱われる現在、「Loooks」は備えておいてもいいようなツールかと思います。

Loooksのダウンロードはこちらから

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です