[iOS]証明書の期限切れへの対処

■気がついた現象
iOS Provisioning PortalのDevelopment画面で、Actionsが選択できなくなった

■対処方針
期限切れへの対処なので、現状の証明書の情報を元に新規作成する

■対処手順
1.キーチェーンアクセスを起動する
2.「自分の証明書」で期限切れとなっている(赤丸のバッテン)対象の証明書の左の▶をクリックする
 ⇒秘密鍵が表示される。
3.秘密鍵を右クリックする
 ⇒メニューが表示される。
4.「”mei sei”を使って認証局に証明書を要求」をクリックする
 ⇒ダイアログが開くので、メールアドレスと通称を入力する
5.Certificateファイルをデスクトップにダウンロードする
6.iOS Provisioning Portalを開く
7.Certificates/Developmentを開く
8.ダウンロードしたCertificateファイルを選択し、Submitする
9.しばらくして画面を再表示させる
 ⇒ActionにDownloadボタンが表示される
10.ダウンロードする
 ⇒ios_development.cerがダウンロードされる
11.ios_development.cerをダブルクリックする
 ⇒キーチェーンに追加される
12.期限が切れた同じ証明書を削除する

この状態で、iOS Provisioning PortqlのProvisioningを見るとActionが復活している。。。はず。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です