[iOS]iPhoneアプリ紹介:WiScale

体重を記録するアプリや、体重を記録するヘルスメーターはいくつか出ていますが、体重計と連動したiPhoneアプリとなると限られてきます。
今回は、iPhone/iPadアプリが連動した体重計、体脂肪計をご紹介します。
まず体重計の商品名は「Wifi Body Scale WBS01」 フランスのWithings社の商品です。

写真でもわかるように、スッキリというかサッパリというか、いかにもフランス製な雰囲気が漂って来ています(^ ^)

普通に体重計なり体脂肪計で測ってから記録するとしたら、、、
1. 体重計のスイッチを入れる
2. 体重計に乗る
3. 体重を記憶するかメモする
4. 体脂肪計のスイッチを入れる
5. 体脂肪計にその日の体重を入力する
6. 体脂肪を測定する
7. 体脂肪率を記憶またはメモする
8. Mac/PCを起動する
9. エクセルで記録用ファイルを開く
10. 記憶またはメモした数値を入力する
まぁ、大体こんな手順になります。
しかし、「Wifi Body Scale WBS01」を使うと、「乗るだけ」で測定結果をサーバーへ登録してくれます。
もちろん、初期設定として、身長や年齢なんかは入力しておく必要ありますけど、それも一回だけですむ事です。

さて、いよいよアプリの話。。
サーバーへ溜め込まれたデータをiPhone/iPadでの閲覧が可能です。そのアプリが「WiScale」

今の状態の表示。

トレンド表示

こんな感じに、「Wifi Body Scale WBS01」で計測した体重と体脂肪をグラフで見せてくれます。。。こそっと、BMIも表示されてたりして。。。
それと!ランニングGPSロガーiPhoneアプリ「RunKeeper」との連動が可能です。
WiFi Body Scaleで測定して送信した体重や体脂肪のデータをRunKeeperサイトに自動で取り込むことで、RunKeeper Proのランニング・ログと体重・体脂肪データを連動させて管理しちゃおうということ。
ランニングのデータと計測データを簡単にコラボして管理できるようになります。

価格はamazonで17,000円とちょっとお高いかもしれませんが、毎日の事、体重や体脂肪が気になる方は、毎日の記録が苦になりませんよ(^ ^)v

Covia ネットワーク対応 超薄型多機能体重計 <WiFi Body Scale> twitter連動機能 データ自動記録 WBS01

WiScaleのダウンロードはこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です