[iOS]iPhoneアプリ紹介:セカイカメラ

今回ご紹介するのは「セカイカメラ」実世界の映像の上にコンピュータが創り出した仮想世界を重ねて表示する「AR(拡張現実)」を利用したアプリです。
カメラを掲げて歩いていると、登録された情報がタグとして表示されていきます。

今回のセカイカメラは、iPhoneやスマホによるARの開発環境が整備されてきたこともあり、ARの利用の問合せをいくつかいただくようになって来たため、広く使われている例としてご紹介しています。

そもそも、拡張現実(AR:Augmented Reality)とは何か。
コンピューターにより創り出された仮想の部屋に、仮想のティーポットを配置したような環境を仮想現実(Virtual Reality)と表現する事に対して、現実の部屋に仮想のティーポットを配置したような環境をしめしています。
身近な例としては、ヘッドマウントディスプレイを思い出していただければ。最近は、車で前を見たままでスピードメーターが見える仕組みなんかありますよね。
店舗の中で、商品にiPhoneを向けると、その商品の解説なんかがiPhoneで表示しはじめる。。なんてのが出来るようになります。

もう一つのアプローチとして、ある一定の図形(ARマーカーと言います)を認識させて、その図形に該当する情報を表示するのがあります。
イケアではこの仕組みをカタログに応用しているようです。
AR体験ができるイケアの最新カタログ

みなさんも、アイデア、考えてみませんか(^ ^)v

「セカイカメラ」のダウンロードはこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です