[メモ]写真を撮るとき注意する1つめのポイント

デジタルカメラの普及から、iPhoneに代表されるスマートフォンに内蔵されたカメラを使えば、いつでも誰でも写真が手軽に撮れるようになってきました。

その写真のアプリも様々なものが溢れていて、メモの代わりに写真を撮り、食べたものだとか、ちょっと珍しいものをFacebookなどのソーシャルメディアに掲載することが、ごく普通の行為として行われるようになっています。

a0002_010811

いつでもどこでも撮影できる写真。ところであなたは写真を撮るときどのようなことを最初に気をつけていますか?

写真の構図?ふむふむ。
どうやったらきれいに撮れるか?それ、重要ですよね。

今回お話しさせていただくのは、そのもう一つ前。それこそデジカメなりの電源を入れた瞬間に気をつけなきゃいけないこと。

それは、写真から漏れる個人情報なんですよね。

■写真から漏れる個人情報って??

写真から漏れる個人情報ってどんなものを思い浮かべますか?

映してはいけないものを映してしまった?? 意味深ですね(^^;
だれかといるのを間違えて取ってしまった?? それはそれで大問題かも(^^;

もうひとつ。位置情報なんですよね。

「位置情報なんて住所がわからなきゃ漏れない」なんて考えていませんか?

実は、撮影した画像ファイルに、緯度経度の情報を持ってるんですよ。

その情報を特定のアプリケーションで見ると、Googleマップなんかで、どこで撮影した写真かが丸わかり!!

Macなんか、特別なアプリ使わなくても、プレビューで見れちゃいます(^^;

スクリーンショット 2014-01-17 16.40.28

外で撮影した写真なら、まだともかくとして、例えば家の中で撮影した写真をmixiなんかにアップしちゃったら、家の場所が特定されることになってしまいます。

家の中で飼われているペットを撮影されているケースをたくさん見ますが、その写真を公開したとたん・・・住所を非公開にしていても、位置情報からばれてしまいます。

ソーシャルメディアによって、自動で位置情報を削除してくれるものもあります。

Facebookでは写真のアップ時にExifを自動で削除してから公開するが、Picasaやmixiではそのまま公開してしまう。

ツイッターでは公式アプリや「Instagram」からの投稿ならExifは削除され、「Twitpic」では削除されない。

などなど。。

■どうしましょ?

 このようにサービスによって、位置情報の取り扱いがまちまちなので、いちいち調べていると、とってもめんどくさいですし、調べきれるものでもないと思います。

では??

iPhoneならカメラアプリの「位置情報機能」をOFFにしちゃいましょう。

「設定 ⇒ プライバシー ⇒ 位置情報サービス ⇒ カメラ」でOFFにできます。

※インストールしてあるアプリが表示されていますので、ツラツラみてると、位置情報いらんやろってアプリも位置情報ONになってますんで、ついでにOFFにしときましょう(^^)

デジカメなんかは、取扱説明書に書いてあると思うんで、ぜひ確認してみて下さい。

アップしちゃった写真は、位置情報を削除してくれるアプリが出ています。

写真から位置情報を表示してくれるiPhoneアプリ「Koredoko

写真から位置情報を消してくれるiPhoneアプリ「Looks

■エピローグ

個人情報保護が叫ばれて久しいですが、変に厳格に運用しようとして、また、それぞれの思惑により、都合のいいように解釈され、窮屈になってしまっているところもあります。保護すべき個人情報は「個人が秘密にしたい」と考える情報です。

あなたが保護すべき情報はなんなのか、振り返ってみたことはありますか??

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です