[つぶやき]Noと言わない営業

システムの打合せをしていて、開発側から出される言葉の代表と言えば「できません!」
一度ならず、聞かれた方もおられるのではないですか??

では、なぜ「できない!」のか?理由ベスト3!!
・技術的にできない!・・どこが?
・予算的に出来ない!・・いくらいるの?
・スケジュール的に無理!・・あんたとこ?それともうちの??

でもって、営業さんと支援のSEさんは「ありがとうございました!」って席を立とうとします。

ちょっと待ってください。頼む方は言いたい事、望む事をぶっちゃけてるんだから、聞く方は解きほぐしていく必要があります。
それに、業務はお客さんがプロですが、実現する方は開発側がプロです。責任も考えながら開発側からの視点での妥協案を探る必要が出てきます。

例えば、
・技術的にできない!・・どこが?
⇒今出来ないのか、開発環境として出来ないのか?
 では、どうすれば、どこまでできるのか?

・予算的に出来ない!・・いくらいるの?
⇒例えば、前期、後期のように分割して開発は出来ないのか?

・スケジュール的に無理!・・あんたとこ?それともうちの??
⇒例えば、前期、後期のように分割して開発は出来ないのか?
 スケジュールに間に合わせる為にはどうすればいいのか?

予算と、スケジュールは、結構表裏一体なところがあります。
無理を通せば、費用が上がるし、フェーズを別ければ重なるところが出てきたり。。
運用も、若干無理をする必要が出たりするんで、目に見えない経費がかかったり。。

でも。。
せっかくのご縁、ゼロかイチかなんて事をせずに、お客さんも開発側も、お互いが協力して0.75を目指せるように普段から考えてはどうでしょうか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です